逆子・安産の灸

安産灸


週に数回は、逆子灸や安産灸をさせていただてます。
本日は安産灸初めてだったFさん。
「お灸してる間、ずっと赤ちゃん動いてました!!」とおっしゃっていました。


お灸をしたら安産になるの⁉
不思議に思われるかもしれませんが
何よりもいちばん効果を感じてくれているのは
おなかの中の赤ちゃんです。



お灸をしだしたら羊水が温かなって赤ちゃんはうれしくて
すぐに動き出します( ̄▽ ̄;)



ツボの力をいちばんわかるのはママより
赤ちゃんなんですよね♡



安産灸は古くから行われてきた妊婦さんに優しい日本の伝統医学で
お産を楽にし赤ちゃんが元気に産まれ、母乳がたくさんでて
産後の肥立ちを良くする(体調を整える)素晴らしいものです!




お灸の原料は「よもぎ」です。
よもぎは(漢方名ガイヨウ)効能として
『安胎作用』があると謳れており
安胎とは胎児を安らかな状態にするという意味があります。



赤ちゃんのために、また産後の育児のために
妊娠中に体を整える安産灸。
ぜひ試してください!!!


1

この時期、逆子治療が増えます。

夏の間に少し体を冷やしすぎた妊婦さん。
暑いからしょうがないのですが
クーラーや冷たい飲食で羊水が冷えて
逆子が戻らないケースが多いです。



子宮って胃の下にあるんですよね。
冷たい飲み物やアイスばっかり食べてると
ダイレクトに子宮に伝わってしまう。



ごはんを食べた後、お風呂に入っているとき
寝る前は赤ちゃんはよく動きませんか⁉
普段、動きたくても羊水が冷えていて
動けなかったとしたらかわいそうだと思いませんか⁉



『そのうちに戻るから・・・』
あまり深く考えずに週数だけが過ぎて
あとで後悔することのないようにしましょう!
ママと赤ちゃんのためでもあるんです。



逆子治療はお灸をしますが
逆子を戻すにはコツがあります。



日常生活での養生などいろいろ
お知らせいたします!



早く逆子対策に取り組み、お腹を切らずに済むなら
越したことはありません。



早くに逆子を戻して残りの妊婦生活を安心して
ゆっくりお過ごし下さい。



images (5)

逆子・安産の灸  

逆子になったらいつから心配したらいい⁉




よもぎ(漢方名ガイヨウ)効能として『安胎作用』があると謳れており
安胎とは胎児を安らかな状態にするという意味があります。
血行を促進し安産への体づくりをサポートをして
流産・早産・逆子の予防によもぎ蒸しは効果的です。


シンプルによもぎ蒸しを追求し薬事法指定の生薬は
いっさい使わないよもぎ蒸しパックだからこそ
妊婦さんにも安心して高品質・良質のよもぎ蒸しを
ご利用いただいております。
(薬事法指定の生薬は作用が強いため指定されているものです。)



◇28週以前に逆子とわかったら

まずは よもぎ蒸しに週2~3回通ってみて下さい。
(様子をみながら時間と温度は調整させていただきます)


◇30週を過ぎた逆子の妊婦さん

【逆子】の鍼灸治療をおすすめいたします!
ご自宅でできるセルフケア、養生もお伝えします。
鍼灸治療回数は平均3~4回です。

逆子の心配はいつから⁉

妊婦になったら妊婦ならでのお悩みも
出てきますね( ;∀;)

つわり、お腹の張り、便秘やむくみ
体重管理、胎盤の位置、逆子などなど・・・
妊娠前から来ていただてた
妊娠28週のKさん。
(さらに…)

▲TOPへ