2020年7月の一覧

赤ちゃんのためにも安産灸。


週に数回は、逆子灸や安産灸をさせていただてます。
本日は安産灸初めてだったFさん。
「お灸してる間、ずっと赤ちゃん動いてました!!」とおっしゃっていました。


お灸をしたら安産になるの⁉
不思議に思われるかもしれませんが
何よりもいちばん効果を感じてくれているのは
おなかの中の赤ちゃんです。

(さらに…)

生理と月の関係。


こんにちわ。今年の梅雨は長く感じますね。
各地で豪雨警報、災害があり天災の前では人間なんて無力だなと感じます。
あとしばらく続く梅雨、みなさまお気をつけください。



さて今日は生理と月の関係について話してみたいと思います。
生理の周期と月の周期(満ち引き)って、とっても似ていますよね。



生理周期は平均で28日。
月の満ち欠け周期もなんと29.5日
ね、近いでしょう。。。



生理も正式に言えば「月経」だし「月のもの」と言ったりしますね。
だいたい女性は月経から排卵までが14日
新月から満月まで14日 満月から新月まで14日
ここまで来ると偶然とは思えないですね(;’∀’)



随分前に「月の魔力」という本を読んで深く納得させられたことがあります。
月と自然のサイクルはリンクしていて自然が「大宇宙」なら人は「小宇宙」。
月の周期によって潮の満ち引きがありそのサイクルは人の体に少なからずとも
影響を与えていると書いてました。



実際にこの世の中にも不思議なことがありますよね。
例えば、出産。「満月の日に出産が多い事実」。みなさんは聞いたことがありますか(・・?
人だけじゃなくウミガメたやサンゴなども満月に産卵すると言われています。
ということは月の引力で、海水が引っ張られ潮の満ち引きが関係しているという自然な流れ。




東洋医学にも「天人合一思想」という考えがあります。
「天と人とは理を媒介にして一つながりだと考える」(『広辞苑』)
「天」は自然界であり「人」は人道であり、天と人は一つに重なり合う。
宇宙と人は繋がっていて何らかの影響を受けているという考えなんですね。



大昔の人は「自然」と協調していく生活のなかで「体」が整っていた。
スイッチひとつで電気がつくような時代じゃなく
太陽や月によって体が調和されていくこと体感してたんですね。



ならば宇宙の力、月の自然法則を利用して
生理トラブルや体調のトラブルは解決できないものか⁉
わたしはできると思うんですね。
自然に合わせたらいいんですよ。
生理も体調も「生活スタイルを整理」することから。




明るくなったら起きる、暗くなったら寝る。
日中は活動して、疲れたら休む。
大地の恵みたっぷりの食材、旬なものを食べる。
なるべく人工的なものは摂らない。(お薬も含め)
季節に合わせた養生をする。



あと体はしっかり温める。
よもぎ蒸しがおススメですよ!!!



当たり前に「良い」と言われてることを
生活に取り入れてみることが大事です。
そうすると生理も体調も順調に整いますよ!!!


▲TOPへ