■不妊治療・子宝はり灸

鍼を打てばしっかり反応する体。

鍼を継続していると
「体が響いてきた!」
という瞬間があります。



鍼を刺したときに
ずーんと重く感じたり
ピリピリとした痺れがでたり
そういうことを鍼灸業界では
「響き」って言ったりするんですが
こちらの「響き」ではなく( ̄▽ ̄;)



わたしが「体が響いてきた!」と思うのは
鍼灸に体が馴染んできて
このツボにしっかり鍼を打てば
体が反応してくれること。
そういう時に「響いてきたな~」と感じるのです!



体全体が共鳴するかのように
振動みたいに響いていく・・・
そんな感じなんです。



先日も3ヶ月ぐらい鍼を
続けてくれてるMさんに
そういう瞬間があって



鍼灸が終わってお茶してる時に
「体が響いてきましたね~」というと
「はい⁉⁉(;’∀’)⁉⁉⁉」って
目がテンでしたけどね( ̄▽ ̄;)



「今日は特にいい鍼ができましたよ~」と
お伝えしました(;’∀’)



こういう時は本当にうれしいです♡
頑張って通ってくださってよかったデス!



鍼

妊娠して出産するために。


日が暮れるのも早くなりました。
夏も終わり、秋ですね~。
そして週末のたびに台風‼
夏といい秋といい・・・
異常気象多いですね(;’∀’)



さて、みなさんは妊娠することって
簡単なことだと思いますか⁉
それとも難しいことと思いますか⁉



わたしも昔は
妊娠することが難しいなんて
コレっぽっちも思わなかったし
不妊治療を受けてる人も
みんな同じだっただろうと思います。



「まさか、わたしが⁉」って。
思ったはずです。



こんなに医療は発達してるのに
不妊の原因は基本検査をしても
わからないということのほうが
多いのも事実です。



原因がわからない場合
いろいろ調べていくうちに
行き着く先にこのようなことに
たどり着くかもしれません!



冷え性が関係しているのではないか⁉
卵子の質が悪いのではないか⁉
受精する力が弱いのか⁉
自律神経が乱れているのではないか⁉
子宮が冷えているのではないか⁉




これらすべてが妊娠しづらい
原因になるのは考えられます。
冷え性以外に関わっているのは
ホルモン機能です。
冷え性は血液循環に関係するので
ホルモンを巡らせるには必要なので
冷え性改善も大事になります。




【妊娠率を高めるために必要なこと】



1)卵の質=いかに元気な卵子を育てるか
 ・卵胞の環境
 ・卵子形態学


2)胚の質=いかに良い胚(受精卵)に育てるか
 ・卵、精子の質


3)子宮内の環境=いかに良い子宮環境であるか
 ・骨盤内の血流
 ・成長因子
 ・酸化ストレスなど



1)~3)はすべてホルモン機能となるので
ホルモンの巡りや働きが重要となってきます。



婦人科病院または不妊治療のクリニックでは難しく
鍼灸で可能になることしてみませんか⁉

□卵胞・卵子が良質に育つこと
□女性ホルモンの働きを調節すること
□子宮環境を整え着床しやすくすること
□血流改善し女性ホルモンをしっかり必要なところに届くようにすること。



体に負担をかけたくない方
薬を体内に入れることに抵抗がある方
特に体外受精をされる方は
ぜひ鍼灸を考えてみてください!


不妊治療というのは精神的に
自分を追い込んでしまう傾向があるため
今の状況から早く卒業してもらいたい…
そう願っています。


0196

よもぎ蒸し+鍼灸が良い訳。

ADANでは妊娠を希望して
ご来店いただく方が多いです!



妊娠することだけが
目標ではないので
しっかり出産までいけるよう
体の土台作りによもぎ蒸しを
また体質改善には鍼灸を
両方を併用して行う方が多いです!



よもぎ蒸しの後に
ガウンに着替えて
鍼灸をされる前に背中を
撮らせていただきました。



背中 汗



何度拭いても拭いても
後から後から汗が
噴き出してきます( ̄▽ ̄;)



もちろん汗は
全身からですので
かなりの量の汗が
出ますね(;’∀’)



さらに鍼灸の間も
止まりません( ̄▽ ̄;)



最初ご来店時「冷え症だから
汗は出にくいかな」っと
おっしゃってましたが・・・。



大丈夫です!
これだけ汗が出たら
体質改善も早いと
思われます!



何よりもこれが
妊娠維持に必要な
骨盤内血流循環の動態、
ホルモン代謝
熱の産生に繋がります!



回数を重ねていけば
誰でもこの写真のような
状態になっていきます。



特に体外受精をされる方
冷え体質の方、生理不順の方には
特にこの両方でやって
いただきたいと思います!



また日常の生活習慣や
ご自宅お灸なども含めて
ご希望がある方には
ご指導させていただきます。





1 / 212

▲TOPへ