子宝にはり灸がよい理由

妊娠するのになぜ鍼灸がいいのか⁇

こんにちわ(*´▽`*)
よもぎ蒸し&リラク&鍼灸サロン
ADAN いちのせです♪

『妊娠するということ』と『鍼灸』が
どうしても結びつかないとか
不思議でしょうがないという方は
多いのではないでしょうか‼
(さらに…)

「女子胞」って?

こんばんわ。
よもぎ蒸し&リラク&鍼灸サロン
ADAN いちのせです。

梅雨が明けた途端
空の明るさが違いますね。
この明るさ・・・今後がコワいです‼

今日はちょっと、東洋医学の話。

東洋医学って・・・
難しい漢字とか言い回しが
独特でわかりにくいですよね。

例えば、こんな感じです。

【女子胞は、四脈(奇経)の支配を受けている】

『はぁ~??』ってなりますよね。
頭の中が「?」で、いっぱい。(笑)
だからって嫌いにならないでくださいね~m(__)m

みなさんはツボがのっている
絵を目にしたことありますか?

若干、気持ち悪いこんなやつです(笑)

ツボ 絵

線でつながっているのを
経絡と呼んでいて
ツボは線上にあるんですね。

手に6本。足に6本。12本あります。
これを正経12経脈といいます。

全てに名前があり『手の少陰心経』とか
『足の厥陰肝経』難しい名前がついてます(汗)

また正経とは別に奇経というのもあって
8本の経脈があるんです。

で、話を戻しますと、
【女子胞は、四脈(奇経)の支配を受けている】ですが・・・

【女子胞】とは、子宮や卵巣・卵管など
月経や妊娠にかかわっているもの。

【四脈】とは、奇経8本の内、4本の経脈
・月経をめぐらすツボ
・妊娠に関係する陰経のツボ
・月経の規則性 陽経のツボ
・間接的に子宮等につながるツボ

つまりは、
『月経や妊娠は4つの経脈のツボの
支配を受けている』となります(汗)

何となくわかりますでしょうか?

先日、妊活中の方に
「なぜ、鍼灸がいいんですか?」と
ご質問をいただきます。

東洋医学に「?」なら
当然の質問ですね。

一言でいうならば、
「鍼灸は、その方の体調や症状に合わせた
治療ができますし全身の気を整え、
血を流し、水を調節することができます。」

東洋医学は体の中を
見ることができないので
脈をみて、舌を見て、
お腹をみて、背中を見て
体表から必死で原因を探します。

またホルモン治療をされていれば、
そいうことも考慮しながら
治療方法やツボが決まっていきます。

鍼と灸は、直接体に刺激を与え反応を起こします。
ツボによって代謝が上がり、血流も良くなります。

からだに負担の少ない
また副作用のない鍼灸治療を
ぜひ考えてみてください。

長々となってしまいました(笑)

東洋医学・・・少しでも
好きになっていただけましたか?(笑)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
いつでもお問い合せ下さいませ。

0182

良質な卵子と鍼灸

先日、お客様に聞かれたのですが
「良質な卵子を育てようと思ったら
どうしたらいいのでしょうか?」と。

『これが良質な卵子です‼』といった
絶対的な基準はありません。

検査する方法はなくて
見た目でしか判断できないのです。

それでも、気になる
「卵子の質」と「グレード」。

今は医療も進み
妊娠に「卵子の質」も大事とされています。

良質な卵子の育て方といっても
卵子も一日で成長するわけではないのです。

では「卵子」はどのぐらいの
時間をかけて育つのか?

ひとつの排卵を目指して、
原始卵胞が成熟卵胞に育つためには、
最低でも4カ月はかかります。

その選ばれたその卵子が、
妊娠に大きく左右するのは
当然かもしれませんね。

卵胞がストレスなく育つには
体温を高く保ってあげることが大事ですね。

よもぎ蒸しほど、内臓や骨盤内の血流上げて
温めるものは他にありません。
(わたしが知る限り(;’∀’)

低温期にはしっかりよもぎ蒸しをしていただき
毎日の「お灸」を取り入れていただくこと。
ポイントに「鍼灸」を取り入れていただくこと。

良質な卵子を育てるには、
この3つは大事なことだと思います。

タイミングにしても、AIH(人工受精)・
IVF(体外受精)にしても
大事なことは共通していますね。

外からの温めだけでなく
「自分の体内から熱を生み出すこと」‼
簡単なことではありませんが、
ぜひ、やってみていただいて
体の変化を感じていただきたいです。

もし、鍼灸がどうしても怖いし苦手と
おっしゃる方には、鍼灸以外のプランでも
(経絡マッサージやリフレクソロジーなどで)
対応させていただきますので、
1人で悩まずご相談ください‼

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

IMG_7604

▲TOPへ