■ADANの想い

泣いたら心が軽くなるときもある!




「周りの迷惑になっちゃいけない!」とか
「自分が我慢すればいいんだ!」とか
そう思って乗り切れる日もあれば
抱えきれない日だってあります!



抱えきれない時は
自分が思う以上に
心が疲弊しているんですよ。



目を充血させ震える声で
細く小さな体で頑張りすぎて
心まで疲れたんでしょう。



その日、その人は
あふれる涙を止めることが出来ず
「泣いて、ごめんなさい。」と
言いました。



涙を流すYさんを
わたしは心の中で
抱きしめてましたよ~( ;∀;)




話すことでスッキリすることもあるし
泣くことで心が軽くなるときもあるんです。
だから頑張らなくったって
我慢しなくったって大丈夫。




ツラかった思いも張り詰めた心も
その気持ちは全部ここに
置いていってください♪



そしてここをでたら
また新しい気持ちになって
いただけたらそれだけでいいです。



Yさんが熟慮の末、選んだ道に
わたしは全力で応援団長に
なりますからね~。
ファイト!!!



0182




手は口ほどにものをいう。

人の体や肌に触れる仕事なら
自分の心をコントロールできなければ
プロなんて失格だぁ!!! って



いつも自分に言い聞かせて
お仕事してます。ハイ( ̄▽ ̄;)



なぜプロ失格か( ;∀;)⁉
「手」は「口」ほどに
ものをいうからです!!!



鍼灸であれマッサージであれ
人の肌に触れるお仕事なので
わたしの心の状態は「手」を通して
必ず相手に伝わります!



ウソだと思いますか⁇
長年の経験だからこそ
よ~くわかります( ̄▽ ̄;)



心ここにあらずの時や
頭の中がグチャグチャの時
そういう時は決まって
手の動きが安定しない(;’∀’)
フワフワしてる
ガツガツしてる
何よりもザツになるのです!



平常心を保つことの難しさ( ̄▽ ̄;)
身に染みて感じることも
あったからこそわかるんです!!!



だから仕事だけではなく
プライベートも常に心穏やかに~と
思って毎日を過ごしてます( ̄▽ ̄;)



東洋医学では7つの情緒の変化
怒・喜・思・憂・悲・恐・驚
とあります。7つの感情を
全く感じなくてもダメだし
必要以上に感じすぎても
ダメということ。



できるだけ「〇〇しすぎない!!」
怒りすぎないとか、
悲しますぎないとか
恐れすぎないとかね。



でも手から「マイナス」の感情も
伝わるのであれば
「プラス」の感情も伝わるはず。
と思うのですね~



だからせめてせめて心だけは
「無心」に近いところには
いようと思います( ̄▽ ̄;)




そういうことが少しでも
みなさんの健康や幸せや
癒しのためになるのであれば。



心をコントロールすることが
例え難しくても
「やってやろうじゃないの~」ぐらいの
プロ意識になります(*’▽’)



みなさんにパワーを与えられるような
人になりたいな~と思うのです!



アダン

1 / 212

▲TOPへ