■ADANの想い

人生の決断に幸あれ!


いまだ兵庫県は緊急事態宣言継続でございまして
みなさま厳しい状況下にあると思いますがいかがお過ごしでしょうか⁉



現在は、以前より若干ご予約人数を増やして営業いたしておりますが
営業日数減少、営業時間短縮などでご迷惑をおかけいたしておりますm(__)m



みなさまもまだまだ不安の中にいらっしゃると思いますが
そんな中でも気持ちだけは前に進んでいかなくてはなりませんね。
一緒に頑張っていきましょう!!!



でも今回このような経験からわかることもございまして( ̄▽ ̄;)
『人』って2ヶ月もたたないうちに毎日やっていたこと
曜日とか日常とか微妙に感覚が鈍くなるんですね‼



同じ感覚に陥ったお客さまも『金曜日はカレーにしようと思ってます!』と。
もう海上自衛隊ですよね( ̄▽ ̄;)




さてADANには不妊治療をされながら通ってくださっていた方が多くいらっしゃいますが
現在、治療をお休みされている方、または治療を継続される方、
それぞれのお考えがありどちらにしても苦渋の決断です。



常に人生は選択し決断して生きていかなくてはなりません。
いずれこの決断が間違いでなかったと思ってほしい。
いつかこの決断で人生変わったと思ってほしい。
どうかどうかみなさんのこの決断に幸ありますように!!!




日々淡々と。



4月に入り緊急事態宣言が出され、あれよあれよという間にあちらこちらのお店が休業に入り
桜を見上げる間もないまま5月に突入した・・・そんな感じのひと月でした(;’∀’)



自粛要請(ほぼ強制⁉)の中、みなさまいかがお過ごしでしょうか⁉
きっとこんな経験はしたことがないからいまでも不安ですけど
先のこと考えたら恐怖でしかないですよね(-_-;)
コロナにかからなくても違う病気になりそう!!



自粛もあと少しというところで、延長がほぼ決まり
気持ちもポッキンと折れちゃいそうな人もいるでしょう(-_-;)



日本中いや世界中、さてどうしたもんか・・・と思い悩んでいます。
だからおひとりで悩みすぎず今日一日終わった、明日もう一日、というふうに
乗り越えた自分をほめてあげてください。



確かにどこまで今の状況が続くわかりません。
だからこそ悩みすぎたり考えすぎたりしたら
ストレスから体調を壊しますからね。



できたら日々淡々と過ごしてください。
いつの日か必ずいい日は来てくれます。
その前に体を壊したらダメですからね。



現在のADANは、午前おひとりさま、午後おひとりさまで
ご予約がなかなか取れずご迷惑をおかけいたしておりますm(__)m
緊急事態宣言が解除になりましたらまた以前と変わりなくやっていきます。
それまでは申し訳ございませんがよろしくお願いいたしますm(__)m



最後に『コロナなんかに負けてたまるかannoy.gifーーー!!!』
みなさま安心してお会いできるその日まで頑張りましょうね!!!


ただただ時間が流れてほしい。


昔「親より先に死なないことが親孝行」って言われた。
小さい頃はあまりピンとはきてなかったけど
今は本当に最大の親孝行だと思う。
例え1日でも親より先に死んではいけない。

(さらに…)

「いのち」を授かる覚悟。

Kさんはここ半年ぐらい体質改善で通ってくれていて
できればお子さんを授かりたいと願っています。



ご来店される少し前に流産をされて体調も悪く
よもぎ蒸しを探してきてくださいました。

(さらに…)

多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠!



・生理が不安定
・生理周期が長い
・不正出血をする
・なかなか排卵しない
そういう方は多嚢胞性卵巣症候群の可能性があります。
(ホルモン値がLH(黄体ホルモン)がFSH(卵胞刺激ホルモン)より高い。)

(さらに…)

家族が増えます!

19時こずえさん



ご夫婦でご挨拶に来てくださったKさん。
この日わたしは初めてKさんの妊娠を知りました!
もうお腹もふっくらして7か月に育ってくれていて・・・(T_T)

(さらに…)

健康の先に妊娠するのが理想!



『妊活』ってひとことで言ってもみなさん
価値観も妊娠する過程もそれぞれですから
きっと「これが正解‼」ということはないんだと思います。



不妊治療をしないと決める人もいれば
不妊治療をしなければ授かれない人もいます。

(さらに…)

令和元年ベビー

かずよさん2


新年号「令和」スタートしましたね☺
令和元年ベビーちゃん♡
早く会いたいけどもう少しママの温かいお腹で
ゆっくり育ってね(*’▽’)

(さらに…)

レインボーベビー。

「レインボー・ベビー」とは、
流産や死産、または新生児や乳児のうちに
亡くなってしまった赤ちゃんの後に
生まれた赤ちゃんのことを言うそうです。



どんなに月日が流れても哀しい記憶を
ずっと消せないで今も過ごしている人がいます。

(さらに…)

▲TOPへ